ひまじんのブログ

人間関係に悩む人たちと一緒に、人間関係を豊かにする事について考えていくブログです。また、モテたいと考えている同志を募集するブログでもあります。

色が持つ力で自分と周りを変えていきたい人のために。(第1弾)

明日は飲み会。

平日の仕事終わりに飲みに行くとは、

社会人はそれくらいのスタミナがないと務まらないのだろうか。

 

自分にもそれくらいのスタミナがあれば、もう少し明日が楽しみになるのかもしれない。

今はただただ憂鬱である。

 

とは言っても明日はやってくるわけで。

どうにか気分が上がる方法はないものかと考える。

 

 

赤いものを身につけるとテンションが上がるという話を聞いた事がある。

それが本当かどうかはともかく色が人間に与える影響は大きいように感じる。

 

 

夏に涼しげな色の服を着てる人を見れば、こっちも涼しげな気分になるし、

逆に暖色系の色を着ている人を見ると余計に暑く感じる。

 

本来の目的は明日の飲み会に備え、色の力で自分の気持ちをコントロールする事だったが、今日は簡単に人に影響を与える色の力についてまとめていきたい。

 

 

例えば、明日大切な会議がある、異性とのデートがあるなど、ビシッと決めていきたいそんな日。

白いシャツに紺色のジャケット、あとは赤いネクタイなどを身にまとってみる。

白色で上品さや清潔感、紺色で冷静さや賢さ、赤色で情熱を表現してみる。

 

他にも、黄色には希望や快活さ、緑色には安定と調和、紫色には高貴さを表すなど、

色には様々な特性がある。

 

 

色が持つ力を上手に使えば自分の気持ちも

相手の印象も知らず知らずのうちに変えていく事も可能ではないだろうか。

 

今度もう少し色について深く調べてみる事にして、ひとまず今日はこの辺で。