ひまじんのブログ

人間関係に悩む人たちと一緒に、人間関係を豊かにする事について考えていくブログです。また、モテたいと考えている同志を募集するブログでもあります。

聞き上手になりたい、そんなあなたに。忘れてはいけない3つのポイント。

 

 

 聞き上手になるために、まずは「観察する」ということを突破口にする事に決めたのが昨日の事。次に立ちはだかる大きな壁は、一体どこを観察すれば良いのか、ということである。

 

 話している最中に観察できる所には、相手の姿勢、仕草、目線、手足の位置、身体の向き、どのような色の物を好んで身につけているか、など実に多くの観察ポイントがある。しかし、話しながら全てのポイントに気を配るのはさすがに無理がある。

 

 あれもこれもと欲張って、結局どこも観察出来ないようでは意味がない。ならば思い切って注目すべき場所を一つにしてみてはどうだろうか。やはり、常に自然に視界に入れておくことが可能な、顔の表情に絞るのが良いように感じる。特に、目元、口元に注目する。

 

 いくら表情に気をつけている人でも、ふとした拍子に目元、口元に自分の気持ちが表れているように感じる。第三者として話している人たちを観察していると、目元、口元の変化に案外気づくものである。だが、いざ自分が話していると相手の表情にまでなかなか気が回らないものである。

 

 だからこそ意識して相手の目元、口元を「観察する」。たったこれだけで、今まで見逃していた情報を収集することに繋がるはずである。

 

 情報は収集するだけでは意味がない。「分析する」ことが重要になってくる。例えば、相手の目元に注目した時に、目線が上下に動いていたら自分の話に同意や興味を示してくれている。逆に目線が横に動いていたら自分の話に興味はなく、次の話題に移った方がいいかもしれない。口元に注目した時に、口元が少し緩んでいるなら自分の話に早く反応したい、興味を示している。逆に口元が固く閉じているなら、興味どころか自分に対して否定的な気持ちが強いのかもしれない。

 

 「観察する」ことで得られた情報を、さらに「分析する」。自分から面白い話ができるようになるというわけではないかもしれないが、相手の反応から気持ちを推し量るようになれれば自分の中で心の余裕が生まれる。結果として会話の中で、後手に回ることを防げるようになるはずである。

 

 「観察する」、「分析する」、ここまでのプロセスを行ったら、さらに欲が出てしまう。それは「相手を理解する」ことである。なぜなら、対話する上で大切なのは、口数が多いことや話が面白いという事だけではない。口数は少ない、でも相手の言いたい事や感じている事を理解している。こういう人は知らず知らずのうちに相手からの信頼を勝ち取ることができ、自然と相手と上手に話せるようになる気がするからだ。

 

 「聞き上手」になり相手と自然に話せるようになるには、「観察する」・「分析する」・「相手を理解する」の3つの武器を身につけなければならないと、自分の中で納得させる事にした。

 

次回

「交渉がうまくいかないあなたのために」