読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひまじんのブログ

人間関係・お金の事、日々の暮らしで感じる疑問について書いていきます。

金融資産運用を考え始めたあなたに。ニュースがわかるようになる5つの経済指標。

暮らし お金

 このページをご覧いただいているあなたは、金融資産運用に興味がある、もしく始めてみようと思っている人がほとんどだと思います。

 いきなり金融資産運用の話に入っても良いのですが、金融資産について考えていくならば、まずは代表的な経済指標を知っておいて損はないと思います。

 

1.GDPで捉える経済の流れ

2.景気動向変数で見る景気の動向

3.日銀短観で知る企業の業況とその行方

4.物価指数で感じる国内の物価の動き

5.マネーストックで考える景気の行く末

 

 

1.GDPで捉える経済の流れ

  ニュースを見ていると、やたらと横文字を使って説明をしている人が多い多いような気がする。きっと気のせいなんだろう。でも、もっと分かりやすい言葉で説明してくれたいいのに。とりあえずよく耳にする用語から学んでいこうと思う。

 

GDP国内総生産)とは...「一定期間内に国内で生産されたすべての財・サービス の付加価値の総額」

 

 新聞やニュースでもよく耳にする用語ですが、この値の増減が表すものとは一体なんなんでしょうか。GDPとは日本経済の大きさを示す指標であり、内閣府が3ヶ月に一度公表しています。GDPの増減を見る事で、物やサービスの実質的な売り上げが増えたのか、減ったのかが分かります。経済全体の動きを見るのに使える指標と言えます。

 

・GDE(国内総支出)とは...「生産された財・サービスの、需要と在庫を集計したもの」

 

 国内総生産があるなら国内総支出もあるわけで、生産された財・サービスがどのように利用されたのか、内訳を見る指標です。生産されたもの達を利用していくわけですから、GDEとGDPは同じ金額になります。つまり、GDEとGDPはほぼ同じものと考えていいでしょう。

 GDEの過半数以上を占めているのは私たち国民が消費した支出で、民間最終消費支出です。金額が大きいので、景気全体の動きに大きな影響を与えていると言えるかもしれません。

 

GDPの2通りの呼ばれ方

 先ほど登場したGDPですが、2通りの呼ばれ方をすることがあります。それが、名目GDPと実質GDPです。この2つの指標はどのように違うのでしょうか。イメージとしては期間で見るか、その瞬間で見るかです。

 

名目GDP...「各時点の間で物価の上昇や下落の影響を取り除き、ある基準時点で評価した時のGDP

 

実質GDP...「その時々の時価で金額表示した時のGDP

 

GDPの増加率とは...前年のGDPと比較して、日本経済がどれだけ拡大したか、縮小したかを表し、経済成長率と呼ばれます。

GDPには2通りの呼ばれ方があるのでそれに対応して、経済成長率の呼ばれ方も2通りあります。

 

名目成長率...名目GDPの伸び率

実質成長率...実質GDPの伸び率

 

  

このようにして、GDPの意味について改めて確認していると、ニュースでGDPの話題になっている時、日本全体として経済の規模は拡大しているのか縮小しているのか、敏感に感じ取れるようになるはずです。

 

2.景気動向変数で見る景気の動向

 GDPを知っておけば経済規模の拡張や縮小が把握できる事は分かった。しかし、景気の将来予測にも使えるような統合的な指標はないのだろうか。。。

 

景気動向変数とは...「生産・労働・消費などの経済指標を統合する事で、景気の現状把握や将来予測をするために作られた総合的な経済指標。内閣府によって毎月作成されている。」

 

景気の流れを把握するのに役立つ景気動向変数だが、さらに「景気変動の大きさを表すCI」と「景気の方向性を表すDI」がある。

 

3.日銀短観で知る企業の業況とその行方

 景気の流れは私たち国民の消費が大きく影響しているだろう事はなんとなく分かる。しかし、景気の流れを作り出しているのは企業の動きもあるはずだ。企業の生産活動がどんな感じなのか、誰かアンケートでも取ってくれたらいいのに。

 

日銀短観とは...「日本銀行が行っている、全国企業短期経済観測調査の事。」

 

 3ヶ月に1回実施される物で、中でも注目度が高いのが「業況判断DI」と呼ばれる指標で、業況が良いと答えた企業の%ー業況が悪いと答えた企業の%=業況判断DIとなります。

 また、3ヶ月後の業況についても判断を求めており、近い将来の予測にも役立ちます。

 

 

4.物価指数で感じる国内の物価の動き

 物価の動きなんかは、日用品を買う時に値段を見ればすぐに分かるような気がする。でも、もう少し視野を広げて国内の物価の動きを見ようと思ったら何を参考にしたらいいのだろうか。

 

消費者物価指数とは...「全国の一般の消費者世帯を対象に、消費目的で使用される商品などについて、全国的な部下の水準を調べる目的で総務省が毎月作成している。」

 

・企業物価指数とは...「企業間で取引される商品の価格に焦点を当てた指数。日本銀行が毎月作成している。」

 企業物価指数は、為替動向からも直接影響を受けるので、消費者物価指数より変動が大きいという特徴がある。

 

 

5.マネーストック(通貨量)で考える景気の行く末

 世の中にはお金の種類が沢山あるけど、いったい自分達の国のお金はどのくらい流通してるんだろう。

 

マネーストック(通貨量)とは...「世の中に出回っているお金の量を測る統計。日本銀行が毎月公表している」

 

 マネーストックが増えると景気が回復し、物価も上昇しやすくなるらしい。景気の流れを読んで投資をするならこの指標は見逃せないかもしれない。

 

まとめ:

 経済指標は沢山あるけれど、意味さえ分かれば案外ニュースも面白いのかもしれない。これを機にニュースで情報収集始めたい。

 

 

 

 

次回更新

「偉い人の発言1つで大きく変わる金融市場と外国為替市場」

お金の管理の仕方に+αの視点を加えてみたいあなたに。視野が広がる2つのツール。

お金 暮らし

1月13日(金)

 

 年末年始が過ぎ去り、そろそろ正月ボケも治ってきた今日この頃。年末年始はどうしても財布の紐が緩みがち。使いすぎた分だけ今月は節約しなければならないといけない、もっと計画的にお金のやりくりをしておけば良かったなと思っても後の祭りである。もう少し自分のお金の流れを見える化しておければ、状況は違っていたのかもしれない。

 

 毎月の収入はだいたい決まっている。出費も抑えようとしているつもりである。しかし、なかなか思うように貯蓄が増えていない気がする。家計簿をつけても、毎月ごとのお金の流れの結果しか分からない。もう少し先の事を見越したお金の収支の管理の仕方はないものだろうか。

 

 そこで行きついた答えは、ライフイベント表とキャッシュフロー表の活用だ。月々の収支のバランスが気になるのはよく分かる。しかし、目先の事ばかりに目を奪われずまずは視野を広く保つ事が重要なのではないだろうか。そのためにもライフイベント表を作成し、今後の自分の人生設計について具体的にイメージする。そして、キャッシュフロー表を用いて年間の収支計画を立てる。

 

 まずは作成するにあたって必要となる情報の整理。人生の3大資金といっても過言ではない教育資金、住宅資金、老後資金は是非とも組み込んだ上で作成したい。でもそれだけの情報ではなんとも味気ない表になってしまうので、車の購入費、家族旅行、などなど家族の夢計画といったこれから先実現させたいことも情報も積極的に取り入れたい。

 

 必要な情報のイメージが出来上がれば実際に作成する作業に移ろう。横軸に家族の氏名、家族のイベント、支出予定金額、レジャー費用なんかを記入し、縦軸は経過年数を記入する。経過年数と対応した家族の年齢なんかを記入してみるとよりわかりやすくなるかもしれない。ここまでの下準備が出来たら、該当箇所に家族のイベントや支出予定金額を記載していく。

 

 ライフイベント表の作成の目的は、今まで漠然としていた人生の計画に具体的なイメージを持たせる事なので、作成者の作りやすいように表を作成することが一番いいように感じる。

 

 ライフイベント表の作成を終えて自分のこれからの人生が具体亭にイメージできたら、次はキャッシュフロー表を作成しお金の流れを把握していく事にしよう。

 

 キャッシュフロー表作成には、年間の収支や貯蓄状況を明らかにするために、年間収入、年間支出、年間収支、貯蓄残高 が必須の項目となるだろう。年間収入を考える時は、配偶者がいる場合はパートの収入や、一時的収入も忘れずに記入。年間支出は、食費や水道光熱費、お小遣いのような定期的に決まった金額の出費となるものは基本生活費として1つにまとめてしまう。年間収入と年間収支の差額が年間収支になる。貯蓄残高は、前年の貯蓄残高×(1+運用利率)±その年の年間収支で算出できる。

 

 その人に適したベストな方法で自己資産の管理は行った方がいいと思うが、やはり数値として算出されたものを目の当たりにすると、より身近に感じることができて良いように感じる。明日からの生活を少しずつ変えるべきなのか、もう少し自由にお金を使ってもいいのか、現状を認識する一つのツールとして一度作成しみようと思う。

 

 

次回

「」

 

 

 

 

 

立ち止まって自分の人生に考えてみたいあなたに。年齢ごとに待ち受けるライフイベントとは。

お金 暮らし

2017年1月11日(水)  

 

 ニュースでは、高齢者の定義が65歳から75歳になるとかならないとか言われている今日この頃。こんなニュースを耳にするたび、一体いつまで働き続ける必要があるのか、死ぬまでにどんなライフイベント達が待ち受けているのか。いったいいくらお金が必要になってしまうのか。考えれば考えるほどため息が出てしまう。

 

 きっと正体が分からないから余計に不安になってしまうのだろう。というわけで、人の人生にはどんなライフステージとライフイベントが待ち受けているものなのだろうか。

 

・20歳代...独身・結婚期

 20歳代前半は分からないながらも仕事を頑張り始め、まとまったお金が入るようになり独身生活を謳歌する。20歳代後半に差し掛かれば周りも結婚し始める人たちが増えてきて、自分も結婚を意識するようになる、そんな感じだろうか。

 結婚を考えるなら、結婚資金の準備が一つのテーマになる。また、独身の頃が最も貯蓄時期であると考えられる。趣味と貯蓄のバランスは考えるようにしたい。

 

・30歳代...家族形成期

 30歳代前半は、家族が増え仕事をさらに頑張らねばならないとあがき、30歳代後半にも差し掛かれば子供の成長が楽しみになりつつ、子供の教育資金などさらにお金が必要になると悩みが増えそうなイメージ。

 結婚後子供をもうければ、子供の今後の事を考えて教育資金の準備は必要になることだろう。子供がいる生活を想定するなら、子供に関係する教育資金だけでなく、自分たちにもしもの事が起こった場合の保障設計も忘れてはならないだろう。

 子供がいない場合でも、共働きかそうでないかによっても貯蓄計画は大きく変わってくる事だろう。

 

・40歳代...家族成長期

 40歳代前半は、仕事では部下をまとめる立場になり、家庭では子供も大きくなりそろそろマイホームの購入を検討し始め、40歳代後半にもなればマイホームのローンと老後を見据えた貯蓄を本格的に始める。

・50歳代...家族成熟期

 50歳代にもなれば職場ではそれなりの役職につき、家庭では子供達の大学資金などを考えるようになる。お金の問題がさらに重くのしかかってきそうなイメージがある。

 40歳代、50歳代ではやはり、住宅資金と教育資金の問題が常につきまとってくるのだろう。それだけ家庭における責任が重いライフステージとも言えるのだろう。 

 

・60歳代...家族円熟期

 60歳代にもなればそろそろ定年、住宅ローンの支払いも完了している?この頃には子供達も就職結婚を終えている頃なのだろうか。

 定年以降は公的年金や貯蓄を切り崩し、悠々自適な生活を送りたい。

 

 この先自分が直面しそうなイベントを年代で分けてざっくり記述してみた。もちろん人それぞれ歩む道筋は違うだろうが、多くの人が直面もしくは一度ぐらいは考える内容になっているような気がする。

 これを機にもう少し自分に関わるお金の事について考えて生きたい。

 

次回

「家計の収入と支出はどうやって管理する?!」

1日1回は誰かと交渉する場面に遭遇するあなたに。交渉における重要なプロセスとは。

人間関係 日記 生活

2017年1月9日(月)

 

 

 日々の生活を送る中で、誰かに交渉をしなければならない場面は非常に多いように感じる。ある時は友人と、ある時は会社の人と、またある時は家族の中で。こちらの主張は正しいはずなのに、どうにも自分の主張は通らない事が多い。時には理不尽さを覚えることだって少なくない。

 

 そんな時はいつも思う。もっと簡単に交渉を有利に進める事は出来ないだろうか、なんならいっそのこと反対などされることなく自分の提案を通す事は出来ないのか、と。

 

 今日もまた自分の企画を提案しに行かなければならない時がやってきた。交渉相手は見るからに忙しそうである。すでに眉間にしわを寄せ機嫌が良くない事も遠目から見るだけでも分かる。行きたくないが行かなければならない。自分を奮いたたせ、いざ交渉に。

 

 結果は火を見るより明らか、今回の交渉は失敗に終わった。一体何がいけなかったのだろうか、企画の内容がいけなかったのか、いやプレゼンの仕方がまずかったのか。考えれば考えるほど自己嫌悪に陥ってしまう。次の交渉では何としても成功を収める必要がある。まずは交渉はどのようなプロセスに分解できるかを考えてみる事にしたい。

①交渉前の信頼関係の構築

②交渉中(論理的説明・プレゼンテーション能力)

③交渉後の次回への布石

おそらくこの3つのプロセスが交渉を勝利に導く秘訣であると思われる。今回焦点を当てたいのは、「①交渉前の信頼関係の構築」である。なぜなら、このプロセスは私たちが普段から何気なく行っていることで、少し意識を変えるだけで最も負担少なく行うことが可能であると考えられるからだ。この信頼性の構築の重要性と方法について少しずつ考えていきたいと思う。

 

次回

「交渉前の信頼関係の構築の重要性と方法」

 

 

 

  

 

聞き上手になりたい、そんなあなたに。忘れてはいけない3つのポイント。

人間関係 日記 生活

2017年1月6日(金)

 

 聞き上手になるために、まずは「観察する」ということを突破口にする事に決めたのが昨日の事。次に立ちはだかる大きな壁は、一体どこを観察すれば良いのか、ということである。

 

 話している最中に観察できる所には、相手の姿勢、仕草、目線、手足の位置、身体の向き、どのような色の物を好んで身につけているか、など実に多くの観察ポイントがある。しかし、話しながら全てのポイントに気を配るのはさすがに無理がある。

 

 あれもこれもと欲張って、結局どこも観察出来ないようでは意味がない。ならば思い切って注目すべき場所を一つにしてみてはどうだろうか。やはり、常に自然に視界に入れておくことが可能な、顔の表情に絞るのが良いように感じる。特に、目元、口元に注目する。

 

 いくら表情に気をつけている人でも、ふとした拍子に目元、口元に自分の気持ちが表れているように感じる。第三者として話している人たちを観察していると、目元、口元の変化に案外気づくものである。だが、いざ自分が話していると相手の表情にまでなかなか気が回らないものである。

 

 だからこそ意識して相手の目元、口元を「観察する」。たったこれだけで、今まで見逃していた情報を収集することに繋がるはずである。

 

 情報は収集するだけでは意味がない。「分析する」ことが重要になってくる。例えば、相手の目元に注目した時に、目線が上下に動いていたら自分の話に同意や興味を示してくれている。逆に目線が横に動いていたら自分の話に興味はなく、次の話題に移った方がいいかもしれない。口元に注目した時に、口元が少し緩んでいるなら自分の話に早く反応したい、興味を示している。逆に口元が固く閉じているなら、興味どころか自分に対して否定的な気持ちが強いのかもしれない。

 

 「観察する」ことで得られた情報を、さらに「分析する」。自分から面白い話ができるようになるというわけではないかもしれないが、相手の反応から気持ちを推し量るようになれれば自分の中で心の余裕が生まれる。結果として会話の中で、後手に回ることを防げるようになるはずである。

 

 「観察する」、「分析する」、ここまでのプロセスを行ったら、さらに欲が出てしまう。それは「相手を理解する」ことである。なぜなら、対話する上で大切なのは、口数が多いことや話が面白いという事だけではない。口数は少ない、でも相手の言いたい事や感じている事を理解している。こういう人は知らず知らずのうちに相手からの信頼を勝ち取ることができ、自然と相手と上手に話せるようになる気がするからだ。

 

 「聞き上手」になり相手と自然に話せるようになるには、「観察する」・「分析する」・「相手を理解する」の3つの武器を身につけなければならないと、自分の中で納得させる事にした。

 

次回

「交渉がうまくいかないあなたのために」

 

 

 

 

 

口数は多い方ではないという人にこそオススメ。明日から出来る簡単、会話の突破口。

人間関係 日記 生活

2017年1月5日(木)

 

 「聞き上手」になるための、誰にでも簡単に始められる技術。そんな都合のいいものが果たしてあるのだろうか。そんなことを考えているうちに、気づけば今日もいつもと同じ自分の座席に座っていた。

 

 今日は話が盛り上がっている人たちの所を観察してみることにする。すると聞き耳を立てていただけではない情報が飛び込んでくる。それは話し相手の表情や仕草だ。声は楽しそうにしていても、見るからにめんどくさそうな表情、早く話を切り上げたいような仕草をとっている。

 

 しかし、話をしている方はその様子に気づいていないのか、自分のペースで一方的に話し続けている。せっかく話していてもお互いが楽しめない会話とは、なんとも窮屈だなとなんともいたたまれない気持ちになる。

 

 いや、待てよ。これは話の内容や話題性以外にも、注目すべきポイントがあり、会話をしている最中には相手の表情や仕草から様々なことが分かるということではないのだろうか。

 

 しかも観察することは話すことが得意でなくても始められる。相づち一つ打つにしても、なんとなくとりあえずするよりも、相手の反応状態をしっかり観察してからする相づちの方が、良いに違いない。自分の話をしっかり聞いてくれた上で相づちをしてくれていると感じさせられれば、きっと相手は進んで色々な話をしてくれるはずである。

 

 相手に気分良く話してもらうのが目的ではないが、相手の話を引き出し、さらには相手の良いところを引き出すきっかけになりうるのではないだろうか。相手の反応から様々なことを推測して、相手に配慮した会話を展開する、聞く側にとってだけでなく話す側にとっても非常に大切な技術の一つであるように感じる。

 

 「観察する」ことを突破口に、聞き上手への第一歩を歩み始める事にしよう。

 

次回

「観察する」だけで終わって良いの?!

面白い話をするのは得意ではない、でも、楽しく会話がしたいそんなあなたに。

人間関係 日記 生活

2017年1月4日 Part2

 

 話し上手は聞き上手とは耳にするが、結局そいつの正体は何者なんだと悶々としていると、昼食の時間がやってきた。

 

 自分から面白い話を展開できる人ならば、抽象的な概念であろう「聞き上手」さんのことを考えながら昼食を食べなくて済んだはずだ。しかし、なんとしても「聞き上手」への道筋だけでも見つけなくてはならない。「聞き上手」は、口下手な自分にとって最大の武器になりうる可能性を秘めている。

 

 しかし、いくら考えても答えは出そうにない。やはり選ばれし人にのみ許された、ある意味才能的なものなのだろうかと、心が折れそうになる。

 

 考えてダメならもう一度周りを観察してみる事にしよう。何かヒントは隠されていないだろうか。見れば見るほど、聞けば聞くほど分からなくなってくる。それほどまでにスムーズに相手の話を聞きだしている。

 

 もしかすると「相手の話を聞き出す」いや「引き出す」という事に注目してみるのが良いのかもしれない。相手の話を引き出す事に注目してみても、次はどうやって相手の話を引き出せば良いのかという疑問にぶつかる。

 

 相づちに磨きをかけるしかないのか。しかし自分でもわかる、ただ相手のペースに話を合わせているだけでは相手の話を引き出せるはずがない。それどころか、常に会話の中で後手に回り続けて負担になるにちがいない。

 

 そんなことを考えているうちに1日が終わり、帰路につく。聞き上手への道は諦めるしかないのか、口下手は会話を楽しむことすら出来ないのか。いや、そんなことはない、何か方法はあるはずだ。

 

 なぜか湧いてくる根拠のない自信とやる気。「聞き上手」という武器を身につけるための、新しい武器。なんだか矛盾を感じるが、今度は「聞き上手」になるための新しい武器を探してみようと思う。

 

次回

「誰でもすぐに始められる武器見つかる?!」